Noblesse Oblige 川瀬竹秋展「器と品格」


陶芸家 川瀬竹秋氏の展覧会用DM。
器としての形、柄、存在感をみせるため俯瞰で撮影。片側からの光のみで照らすことでタイトルの「高貴さ」をイメージしました。器とバックを同系色の濃淡で見せることで落ち着きと品格を演出しています。

Noblesse Oblige 川瀬竹秋展「器と品格」
会期:2018年5月25日(金)〜6月10日(日)
会場:六々堂

制作年
2018
クライアント

六々堂

写真撮影

松井学|Studio MacCa